2009年05月20日

PENTAX K-7の情報(ペンタックス new K?)

K-7というペンタックスの新製品と思われる情報が漏れています。
おそらく(99%)これはペンタックスが「New K」と言っている明日発表の新製品でしょう。


3546182025_22a207efd5.jpg


この「PENTAX K-7」のスペックは、恐るべきことに以下のようだそうです。

------------------------------------------------------------

* ボディはステンレスの骨格にマグネシウム合金の外装
* 77箇所のシーリング、-10℃でも使用できる耐寒仕様
* 新バージョンサムスン製1460万画素CMOS APS-Cセンサー 4チャンネルデータ読み出し
* ダストリムーバブルは新型のDRIIシステムで、ローパスの超音波振動式
* ISO100-3200、6400(拡張)
* ファインダーは視野率100%、倍率0.92倍
* シャッターは最高速1/8000、X接点1/180、耐久性は10万回
* 連写は高速モードで5.2コマ/秒(JPEGで40コマ、RAWはPEFで15コマ、DNGで14コマまで)、低速モードで3.3コマ/秒(JPEGは制限なし、RAWは17コマまで)
* ライブビューはコントラストAF、顔認識可能。LVモードのままコンティニュアス撮影が可能
* 動画は1280×720、640×416、1536×1024、いずれも30フレーム/秒
* 液晶モニタは3インチ640×480 VGA 92万ドット 視野角は上下左右170度
* 露出は77分割マルチパターン測光。より進んだアルゴリズムで正確な露出
* AFは新型SAFOX VIII+ で、速度と精度が改善。レイアウトは従来と同じ11ポイント9点クロス
* アシストライト搭載
* 手ブレ補正は上下左右に加えて回転(時計回り、反時計回り)方向も補正
* HDRハイダイナミックレンジモード
* 歪曲補正、色収差補正
* 16デジタルフィルター
* HDMI出力、マイク端子
* サイズ130.5×96.5×72.5 重さ670グラム
* キットレンズ DA18-55mm F3.5-5.6 AL WR (防滴)
* バッテリーグリップ使用時は単3電池6本で使用可能

------------------------------------------------------------

この「PENTAX K-7」の価格はK20Dと同じくらいとペンタックスも以前言っていたことから、
ボディ単体で15万円もせず、10万円台前半となるのではないでしょうか?

だとしたら、これまた恐ろしいですね。
価格との折り合いのために、普通なら省略・妥協するだろう機能・性能をこの「PENTAX K-7」はことごとく有しています。

視野率100%、高速連射、AF補助光、1/8000秒のシャッター速度、
マグネシウム外装、キットレンズも含めた防滴構造、±5EVの露出補正…

さらには、動画撮影中もAF/AEが可能との噂もあります。

また、サイズにも注目です。
通常ならば、高機能・多機能の上級機になると大型化するところが、
この「PENTAX K-7」ではペンタックスの初中級機「K200D」とほぼ同じサイズです。

ペンタックスの大きな魅力のひとつに
リミテッドレンズという金属性の小型の単焦点レンズ群があります。
そのレンズ資産を最大限に生かす上でも、
小型で金属性の、この「K-7」は最高のボディとなると思います。


信憑性はかなり高そうな情報ですが、まだ噂の域を出ません。
ペンタックスの発表まであと少しです!


k7-1.jpg


k7-2.jpg


k7-3.jpg


622245459_132.jpg

posted by 光楽うつる at 17:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

富士フイルム FinePix F200EXR

富士フイルムから発売になったデジカメの新製品「FinePix F200EXR」。

これは前モデル「FinePix F100fd」の後継機で、
見た目もほとんど同じではありますが、
富士フィルムのデジカメの集大成とも言えるデジカメです。

その一番の特徴は昨夏に発表された撮像素子
「スーパーCCDハニカムEXR」
を搭載していることです。

この「スーパーCCDハニカムEXR」は、
カラーフィルターの画素を斜め方向に配置する
C.I.C(Close Incline Coupling)を採用するCCDセンサーです。

この特殊な配置によって、
同じ色の画素が隣接するため、画素混合時の偽色を軽減でき、
さらに、異なる感度を隣接する画素に割り当てて撮影したデータを組み合わせることにより、
ダイナミックレンジの広い画像を作ることも可能になりました。

この「スーパーCCDハニカムEXR」により、
・高解像度
・高感度低ノイズ
・ワイドダイナミックレンジ
これら3つの描写性能を実現が実現可能になりました。


EXRオートというモードを選ぶと、
通常(輝度差が少なく、十分に明るい場合)には「高解像度優先」になり、
1200万画素をフルに使った高精細な写真が撮れます。

輝度差が激しい場合には「ダイナミックレンジ優先」になり、
画素混合により600万画素にはなりますが、
ダイナミックレンジが800%にまで拡張されます。

光が十分でない、暗いところで撮影する場合には
「高感度・低ノイズ優先」になり、
画素混合により600万画素にはなりますが、
高感度でも能図の少ない写真が撮れます。

一般的な用途では600万画素あれば十分ですから、
このデジカメは非常に魅力的です。
posted by 光楽うつる at 15:55| 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

シャッタースピードが速いデジカメ???

「シャッタースピードが速いデジカメが欲しい!」
と言う人が結構います。

確かに、このセリフ自体はおかしくない
(キヤノン50D,ニコンD300などSSの上限が1/8000秒の一眼レフデジカメ上級機などのことを指しているとすると)
のですが、
このようなことを言うのは、デジカメの仕組みが分かっていない人に多いようです。

考えられえることは
・「感度」「シャッタースピード」「絞り」といった露出の仕組みが分かっていない
・「シャッタースピード」「連射速度」「AF速度」「リレーズタイムラグ」を混同している
の2点です。

前者の露出の仕組みについては話が長くなるので、別の機会に詳しく説明します。

後者の
1「シャッタースピード」
2「連射速度」
3「AF速度」
4「リレーズタイムラグ」
について、1つずつ説明していきましょう。


1「シャッタースピード」

レンズを通った光をセンサーに取り込むためにシャッターを開いている時間 のことです。

この時間が長くなる=シャッタースピードが遅くなる ほど
動いている人がブレて写りやすくなります(被写体ブレ)。

被写体ブレを防ぐには
シャッタースピードを速くする必要があるのですが、
ただ速くしただけでは、取り込む光の量が足りなくて暗い写真になってしまいます。
なので、その分だけ、絞りを開けたり(レンズを明るくしたり)、感度を高くする必要があります。

ですので、実際に速いシャッタースピードが欲しい場合は、
高感度でも高画質なデジカメ、明るいレンズのデジカメ、
を選ぶことになります。


2「連射速度」
1秒間に何回シャッターが切れるかということです。
現行のデジカメで最も連射速度が速いものは、
カシオのEX-F1とEX-FH20で、それぞれ毎秒60、40コマの連射が可能です。

3「AF速度」
デジカメがピント合わせ(オートフォーカス・AF)に要する時間です。
コンパクトデジカメとデジタル一眼レフでは通常、このAFの方式が違うために、デジタル一眼レフの方がはるかに速いAFが可能です。

4「リレーズタイムラグ」
シャッターボタンを押してから、実際にシャッターが切れるまでの時間差のことです。
コンパクトデジカメの場合、フィルムカメラやデジタル一眼レフに比べて、このリレーズタイムラグは長くなってしまいます。


もし、動いているモノ・人をチャンスを逃さず撮りたいのであれば、
この4点
1「シャッタースピード」
2「連射速度」
3「AF速度」
4「リレーズタイムラグ」
が速いものを選びといいでしょう。
posted by 光楽うつる at 22:56| 機能の説明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

オススメ・デジカメ その2(富士フィルム、キヤノン編)

最近のコンパクトデジカメは、
特に売れ筋の商品には、ほとんどのメーカーは
・手ブレ補正
・広角28mm
・高感度
・顔認識
・暗部補正
といった流行の機能を漏らさずつけてきて、
一昔前のように各社の製品の違いが分かりにくくなってきました。

そんな中でも、買って後悔のないデジカメを選べるように、

今回は、流行の機能を押さえつつも、使いやすく、
とがったところのある、選ぶ意味のあるデジカメを紹介して行きます。

注)
・手ブレ補正
・広角28mm
・高感度
・顔認識
・暗部補正
については、特に触れていない限り、搭載しています。


3富士フィルム FinePix F100fd(ファインピクス)

○従来比400%のワイドダイナミックレンジ
→ダイナミックレンジとは、明るい部分から暗い部分までの撮影できる範囲のこと。明るい部分の白とびを防ぎ、青空のなめらかな階調や、人物ポートレートなど、様々なシーンで目で見たままに撮影できます。シーンの明暗差に合わせて最適なダイナミックレンジをカメラが自動設定するので簡単です。

○iフラッシュが発光量を最適化
→人物の顔の明るさに合わせて、最適なフラッシュ発光量と感度を自動調整します。

○5倍ズーム

×→シーン認識機能なし

他にはないワイドダイナミックレンジなので、
風景や、逆光時でも見た目に近い写真が撮れます。


4富士フィルム FinePix F60fd(ファインピクス)

○シーンぴったりナビ
→カメラが人物やシーンの状況を素早く正確に判断し、ピント・明るさをはじめ、感度や絞り・シャッタースピードまでを最適になるよう自動設定します。

○iフラッシュが発光量を最適化
→人物の顔の明るさに合わせて、最適なフラッシュ発光量と感度を自動調整します。

△35mmからのレンズなので、あまり広角でない

△3倍ズーム

自動シーン認識に加え、iフラッシュもついていて、
誰でも夜でも室内でも簡単にキレイに撮影できます。


5canon IXY DIGITAL 920 IS(キヤノン イクシ)

×シーン自動認識機能が付いていない

△サーボAF
→動いている人物の顔にピントを合わせ続けるが、顔以外には使えないのが残念。

・4倍ズーム

人気カメラメーカーなので、機能面でもうちょっと頑張って欲しい気もする…。
posted by 光楽うつる at 13:25| 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オススメ・デジカメ その1(パナソニック、ニコン編)

最近のコンパクトデジカメは、
特に売れ筋の商品には、ほとんどのメーカーは
・手ブレ補正
・広角28mm
・高感度
・顔認識
・暗部補正
といった流行の機能を漏らさずつけてきて、
一昔前のように各社の製品の違いが分かりにくくなってきました。

そんな中でも、買って後悔のないデジカメを選べるように、

今回は、流行の機能を押さえつつも、使いやすく、
とがったところのある、選ぶ意味のあるデジカメを紹介して行きます。

注)
・手ブレ補正
・広角28mm
・高感度
・顔認識
・暗部補正
については、特に触れていない限り、搭載しています。


1Panasonic Lumix DMC-FX37(パナソニック ルミックス)

○おまかせiAモード
→顔認識はもちろん、顔&夜景や風景、マクロなど、よく撮る5つのシーンをカメラが瞬時に認識し、自動的に最適な設定にするため、かんたんにキレイな写真が撮れます。

○超広角25mmレンズ
→狭い室内や広大な風景でも、非常に広い範囲を写せる

○追っかけフォーカス
→被写体が止まっている時にロックしておけば、被写体が動いてもそのまま追い続け、ピントと明るさを最適設定に。あとは撮りたい瞬間を待つだけ。決定的瞬間も、あわてず撮影できます。

○5倍ズーム

今一番機能が充実しており、
なおかつ自動シーン認識もついていて誰でも簡単に撮影できます。


2Nikon COOLPIX S610(ニコン クールピクス)

○おまかせシーンモード
→撮りたいものにカメラを向けるだけで、カメラが撮影状況を判別して、6つのシーンモードから最適なシーンモードを自動的に設定します。すばやく簡単にイメージどおりのきれいな写真を撮影できます。

○ターゲット追尾モード
→優れた被写体追尾機能により、動く被写体を自動的に追いかけるので、シャッターボタンを押すだけで一瞬の表情や動きを シャープに撮影できます。

○BSS(ベストショットセレクター)
→シャッターボタンを押し続けている間、最大10コマまでの連続撮影を行い、その中からカメラが最もブレが少なく鮮明に撮れていると判断した1コマを自動的に記録。手ブレしやすいマクロ撮影時や暗い場所などでシャッタースピードが遅くなるような場合に、威力を発揮します。

○笑顔撮影モード
→カメラが人の顔を認識してピントを合わせ、笑顔になった瞬間に自動撮影。とびきりの笑顔の瞬間を逃しません。

・D-ライティング
→画像再生時には、逆光やフラッシュ撮影時の光量不足で暗く写った部分だけを明るく補正できる。補正した画像は元画像とは別に保存するので、安心して操作できます。
他社の暗部補正とは違い。撮影時ではなく再生時に補正する。

・4倍ズーム

自動シーン認識もついていて誰でも簡単に撮影できます。
暗部補正をしたい場合は再生時にできます。
posted by 光楽うつる at 13:17| 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

デジカメの正しい持ち方

以前に「あなたが手ブレ補正」で触れましたが、

今日は、デジカメのブレにくい持ち方を紹介します。


mochikata01.bmp
(上手な絵でかたじけないです…)

こういう持ち方をしている人を時々見かけます。

親指が下で、左右の親指と人差し指の合計4点で支えています。
これにはいくつか問題点があります。
・シャッターを押した瞬間にブレやすい
・脇が空くので、腕からブレやすい
・レンズが飛び出ず右上にあるデジカメ(→例)だと、左手の指が写り込んでしまうことがある


そこで、オススメなのが、次の持ち方です。

mochikata02.bmp
(これまた上手な絵でかたじけないです…)

左手をピストルの形にして、
その人差し指の上にポンとデジカメを置き、
右手でそっと包み込むように持ちます。

この持ち方は…
・左手の人差し指全体と右手全体でデジカメを支えているので、
右手人差し指は、そっとシャッターを押すだけで、ブレにくい
・脇が締まるので腕が動きにくい
・指が写り込むことがない
のです。


最近はほとんどのデジカメに手ブレ補正が付いていますが、
この持ち方で撮影すれば鬼に金棒のはずです。

とくに、ズームを使って望遠にして撮るときや、
三脚を使わないでイルミネーションや夜景、暗い屋内を撮るときなどは、
是非この持ちかたを試してみてください。

この正しい持ち方とともに、
「時間差シャッター」や「建物や木に同化する」
を使えば鬼に金棒×3です。

「時間差シャッター」と「建物や木に同化する」
については、日を改めて詳しく説明します。

posted by 光楽うつる at 19:03| プチテク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

ズームしたいなら一眼レフ?(その2)

前回、一眼レフデジカメの(ダブルズーム)キットで付いてくるレンズでは、
キヤノンの「EOS kiss X2」の400mm(35mm換算)が最も望遠だというところまで書きました。

さて、この400mmはどのくらい望遠なのでしょうか?
コンパクトデジカメと比較してみましょう。

まず、売れ筋の標準的なスペックのコンデジ
IXY920IS  焦点距離:28−112mm

これと先ほどの一眼レフデジカメを比べると4倍くらい焦点距離が違いますね。
しかし、

コンパクトではないけど(とはいっても一眼レフよりは小さい)
1台で広角から望遠までこなせる(分類上は)コンデジ
PowerShot SX1 IS  焦点距離:28-560mm

と比べるとどうでしょうか。
560mmです!一眼レフの400mmよりも望遠です。

そして、最近はオリンパスから26倍ズームの
SP-590UZ  焦点距離:26-676mm
が発表されました。

このように、必ずしも「一眼レフ=望遠」ではないことがお分かりいただけたでしょうか?

もちろん、より焦点距離の大きいレンズを付ければ、より望遠になりますが、
そういったレンズは大きく重く高価です。

さらに、一眼レフのダブルズームキットでは、
普段近くから家族を撮るときは標準ズームを、
遠くから大きく写したいときには望遠ズームを、
という風にレンズを交換しなければいけません。
交換は面倒ですし、交換している間に撮影チャンスが逃げてしまうこともあります。
(ボディを2台用意して、別々のレンズを付けておく方法もありますが…)

一眼レフを選ぶ理由は、もっと別のところにあります。
一眼レフのメリットは日を改めて書きたいと思います。

posted by 光楽うつる at 09:07| 選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

ズームしたいなら一眼レフ?(その1)

運動会や学芸会でのお子さんの撮影のために一眼レフデジタルカメラを検討する人が多いと思います。

本当に
「望遠」=「一眼レフ」
なのでしょうか?

確かに望遠レンズを付ければ遠くのものも大きく写ります。

現行の一眼レフのキットで最も望遠なのは
ベストセラーモデルでもある
キヤノンの入門機「EOS kiss X2」のダブルズームキットでしょう。

このキットには
@EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS
AEF-S55-250mm F4-5.6 IS
2つのレンズが付いてきます。

一番望遠で写したいときには、
Aのレンズを付けて250mmまでズームします。

この250mmという数字が
どれくらい望遠か(もしくは広角か)を表すのですが、
このままでは、センサーの大きさの異なる他のカメラ
(コンパクトデジカメ、他社の一眼レフ、フィルムカメラなど)
とは比較できないので、
キヤノンの(APS-Cサイズの)一眼レフデジカメの場合は「×1.6」をします。

250mm×1.6=400mm(35mm換算)

この数字(ここでは400mm)のことを「35mm換算の焦点距離」と言います。

ちなみに、
ニコンの一眼レフデジカメ(APS-Cサイズの)では、1.5倍を、
各社のフルサイズ一眼レフデジカメやフィルムカメラでは1倍をして換算します。
コンパクトデジカメでは、普通初めから35mm換算後の焦点距離が書いてあります。

さて、この400mmはどのくらい望遠なのでしょうか?
次回は、どのくらい望遠なのか、
コンパクトデジカメと比較してみます。

コチラに続きます。

posted by 光楽うつる at 02:00| 選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

リコー R10

リコー R10

http://www.ricoh.co.jp/dc/r/r10/

・1台で広角から望遠からマクロまで済ませたい人

・簡単に写真を楽しみたい人

・ちょっと渋いデザインが好きな人

にオススメです。


マニュアル撮影(絞りやシャッター速度を自分で決める撮影)こそできませんが、
写真撮影の楽しさを贅沢に詰め込んだ楽しい、かつ便利なデジカメです。


[R10の魅力]


1コンパクトボディに28〜200mmの光学7.1倍ズーム

 これだけコンパクトなボディーで28〜200mmをこなせるので、
 風景や狭い屋内での撮影から、あまり遠くなければ運動会まで、
 これ1台で済ませることも可能です。
 軽量装備で登山をしたい人にももってこいです。


2広角端(32mm相当)では1cmまで、望遠端では25cm寄れるマクロ機能

 広角端(電源を入れた状態)で近くでもピントの合うカメラは他にも少しありますが、
 200mmの望遠にズームしたときに25cmまで近づいてもピントの合うカメラは他にはないかと思います。
 これを「望遠マクロ」というのですが、通常の「広角マクロ」と比べると、
 ・カメラや撮影者の影が写りにくい
 ・遠近感が自然
 ・背景がよくボケる
 といった利点があり、当然撮れる写真も全く変わってきます。


3アスペクト比(画像縦横比)1:1モード

 一般的な写真が長方形なのに対して、正方形の写真が撮れます。
 ただそれだけといえば、そうなのですが、
 「縦」「横」の概念がなくなるだけで写真の世界が変わります。
 後でパソコンで正方形に切り抜いても一緒にも思えますが、
 撮影の段階から正方形の世界にいることに面白さがあります。
 また、ブログにUPするのに正方形の方が見栄えがします。


4ステップズーム

 ステップズームに設定すれば焦点距離を
 28mm,35mm,50mm,85mm,105mm,135mm, 200mmの7段階に固定できます。
 写真をやっている人には単焦点レンズ(ズームの付いていないレンズ)
 を交換して使う様に、焦点距離を意識して撮影を楽しめます。


5マイセッティングモード

 焦点距離(どれくらいズームするのか)
 画質設定(カラーかモノクロか等)
 などのお気に入り設定の組み合わせを2つまで登録して、
 本体右上のダイアルを回すだけで簡単に呼び出せます。
 これにより、1台のカメラで2台3台分の気分で楽しめます。


他にも

 ・高精細2.7型46万画素液晶モニター
 ・撮影後編集機能

など、他のデジカメとは「違う」魅力たっぷりのカメラです。


コンパクトデジカメで多彩な写真を楽しみたい方にピッタリだと思います。
posted by 光楽うつる at 18:22| 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。