2009年01月17日

ズームしたいなら一眼レフ?(その2)

前回、一眼レフデジカメの(ダブルズーム)キットで付いてくるレンズでは、
キヤノンの「EOS kiss X2」の400mm(35mm換算)が最も望遠だというところまで書きました。

さて、この400mmはどのくらい望遠なのでしょうか?
コンパクトデジカメと比較してみましょう。

まず、売れ筋の標準的なスペックのコンデジ
IXY920IS  焦点距離:28−112mm

これと先ほどの一眼レフデジカメを比べると4倍くらい焦点距離が違いますね。
しかし、

コンパクトではないけど(とはいっても一眼レフよりは小さい)
1台で広角から望遠までこなせる(分類上は)コンデジ
PowerShot SX1 IS  焦点距離:28-560mm

と比べるとどうでしょうか。
560mmです!一眼レフの400mmよりも望遠です。

そして、最近はオリンパスから26倍ズームの
SP-590UZ  焦点距離:26-676mm
が発表されました。

このように、必ずしも「一眼レフ=望遠」ではないことがお分かりいただけたでしょうか?

もちろん、より焦点距離の大きいレンズを付ければ、より望遠になりますが、
そういったレンズは大きく重く高価です。

さらに、一眼レフのダブルズームキットでは、
普段近くから家族を撮るときは標準ズームを、
遠くから大きく写したいときには望遠ズームを、
という風にレンズを交換しなければいけません。
交換は面倒ですし、交換している間に撮影チャンスが逃げてしまうこともあります。
(ボディを2台用意して、別々のレンズを付けておく方法もありますが…)

一眼レフを選ぶ理由は、もっと別のところにあります。
一眼レフのメリットは日を改めて書きたいと思います。

posted by 光楽うつる at 09:07| 選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。