2009年02月27日

富士フイルム FinePix F200EXR

富士フイルムから発売になったデジカメの新製品「FinePix F200EXR」。

これは前モデル「FinePix F100fd」の後継機で、
見た目もほとんど同じではありますが、
富士フィルムのデジカメの集大成とも言えるデジカメです。

その一番の特徴は昨夏に発表された撮像素子
「スーパーCCDハニカムEXR」
を搭載していることです。

この「スーパーCCDハニカムEXR」は、
カラーフィルターの画素を斜め方向に配置する
C.I.C(Close Incline Coupling)を採用するCCDセンサーです。

この特殊な配置によって、
同じ色の画素が隣接するため、画素混合時の偽色を軽減でき、
さらに、異なる感度を隣接する画素に割り当てて撮影したデータを組み合わせることにより、
ダイナミックレンジの広い画像を作ることも可能になりました。

この「スーパーCCDハニカムEXR」により、
・高解像度
・高感度低ノイズ
・ワイドダイナミックレンジ
これら3つの描写性能を実現が実現可能になりました。


EXRオートというモードを選ぶと、
通常(輝度差が少なく、十分に明るい場合)には「高解像度優先」になり、
1200万画素をフルに使った高精細な写真が撮れます。

輝度差が激しい場合には「ダイナミックレンジ優先」になり、
画素混合により600万画素にはなりますが、
ダイナミックレンジが800%にまで拡張されます。

光が十分でない、暗いところで撮影する場合には
「高感度・低ノイズ優先」になり、
画素混合により600万画素にはなりますが、
高感度でも能図の少ない写真が撮れます。

一般的な用途では600万画素あれば十分ですから、
このデジカメは非常に魅力的です。
posted by 光楽うつる at 15:55| 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。