2009年01月09日

デジカメ(コンパクト)の選び方1

コンパクトデジカメは非常に機種が多く、
また、半年に1度のペースでモデルチェンジします。
ですので、ここではあまり個別の機種には触れず、
機種間の違いが判るための着眼点を紹介します。


1フルオートかマニュアルか?

・フルオート撮影のデジカメ

 絞りやシャッタースピードの設定操作ができないカメラです。
 ほとんどのカメラはフルオートであり、ほとんどの人はコチラで十分です。
 よく売れているキヤノンIXY,パナソニックLUMIX,ニコンSシリーズ,
 リコーRシリーズ,フジフィルムの最近の小さなFシリーズなどは皆このタイプです。

・マニュアル撮影(もできる)のデジカメ

 本体の上部などに(P,A,S,M)などの記号の書いてあるダイアルがあり、 
 絞りやシャッタースピードも自分で決めて操作できます。
 ただ撮るだけでなく、撮影に表現の意図が出せます。
 例えば、背景をボケ気味にしたり、滝の流れを表現したり…。

 このタイプは初心者には敬遠されがちですが、
 オートに設定して使えばカメラまかせで撮ることもできますので、
 難しくて使えないということはありません。

 代表的な製品は
 ・キヤノンのパワーショット・シリーズ
   http://cweb.canon.jp/camera/powershot/lineup.html
 ・リコーのGRdigital2やGX100
   http://www.ricoh.co.jp/dc/personal.html#pro
 ・ニコンのPシリーズ
   http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/compact/coolpix/p5100/index.htm
   http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/compact/coolpix/p80/index.htm
 などです。


2レンズのズーム倍率は?

 レンズのズーム倍率について大きく3つに分けられます。

・3〜4倍ズーム

 最も標準的なズーム倍率です。
 日常の撮影用途ですと、これで十分です。

 (この間の7倍ズーム程度のものもありますが…)

・10倍以上のズーム

 運動会や動物園など近寄れないけど、
 どうしても大きく写したいような場合には、
 このくらいズームが必要です。

・単焦点

 ズームが付いていないものもあります。
 (GRdigital2やシグマDP1くらいしかないですが…)
 ズームがないので、大きく写したいときには近づいて撮ります。
 そういった撮影行為自体を楽しめる人には人気です。
 利点として、レンズの歪みが少ない、明るいが挙げられます。


3補助機能は何が付いてるか?

 最近は撮影を楽にしたり、失敗を減らすための機能を載せた機種がほとんどです。
 代表的なものを紹介します。

・手ぶれ補正
 
 手ぶれを軽減してくれます。
 暗めの所で撮る人には必須です。
 レンズシフト式、センサーシフト式、電子式があり、
 その方式によっても効果に差があります。
 詳しくは別の項で書きます。
  
・顔認識

 自動で顔を見つけて、顔にピントや露出を合わせてくれます。

・スマイルシャッター

 顔が笑った瞬間に自動でシャッターが切れます。

・広角レンズ(機能ではなく仕様ですが)

 狭い部屋で後ろに下げれない時や、
 広大な風景を少しでもワイドに写したいときに役立ちます。
 撮れる写真の印象も変わります(詳しくは別の項で書きます)。

・ダイナミックレンジ拡大

 明るい空や、明るい白壁などが真っ白に写るの(白とび)を防ぎ、
 空の青色をや、壁のディテールを残します。
 
posted by 光楽うつる at 14:33| 選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。