2009年01月11日

画素数は高ければいい?

画素数は

デジカメを選ぶときに

気にしなくても普通は大丈夫です。



そもそも画素数とは何でしょうか?

画素数とは、画像を構成する点(これを画素という)の数です。



最新機種(2009年1月時点)ですと、

最低でも800万画素もあります。



では、画素数は一体どのくらい必要なのでしょうか?

カメラのキタムラのデジタルプリント注文のサイト
http://www.kitamura-print.com/info/index.html
によると、(ページの下のほうの図を参照)

4切(25cm×30cm)のサイズのプリントでも400万画素あればいいそうです。

ということは800万画素あれば、その2倍の

50cm×30cm

の大きさにプリントしても大丈夫ということになります。



ましてや、実際に鑑賞する際には

この大きさ(50cm×30cm)の写真でしたら、

少なくとも1mは離れて見るはずです。




つまり、800万画素よりも高い画素数が必要なの人は、

これ以上に大きくプリントして、

真近くからジロジロと鑑賞する(される)人くらいです。



正確にいうと、例外もあります。

それは、撮影後に画像の一部分を切り抜いたり(トリミング)、

デジタルズーム(撮影時に画像の一部を切り取って拡大)

を使う人です。

こういう用途では、切り取った後の画素数が低くなるので、

画素数は少しでも高いほうが安心です。




【整理】

 ○700〜800万画素あれば通常の用途では十分過ぎる

 ○それ以上が必要なのは…

  ・半切やA3ノビのサイズにプリントして真近くから見る場合

  ・トリミングやデジタルズームを使う場合



【追記】

 ○必要以上に画素数が大きいと、ファイルサイズが大きいために、
  保管や画像編集のことを考えると不便

 ○機種によっては、レンズ性能が低く、
  高画素数である意味のないものもある


posted by 光楽うつる at 01:20| 選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。