2009年01月18日

デジカメの正しい持ち方

以前に「あなたが手ブレ補正」で触れましたが、

今日は、デジカメのブレにくい持ち方を紹介します。


mochikata01.bmp
(上手な絵でかたじけないです…)

こういう持ち方をしている人を時々見かけます。

親指が下で、左右の親指と人差し指の合計4点で支えています。
これにはいくつか問題点があります。
・シャッターを押した瞬間にブレやすい
・脇が空くので、腕からブレやすい
・レンズが飛び出ず右上にあるデジカメ(→例)だと、左手の指が写り込んでしまうことがある


そこで、オススメなのが、次の持ち方です。

mochikata02.bmp
(これまた上手な絵でかたじけないです…)

左手をピストルの形にして、
その人差し指の上にポンとデジカメを置き、
右手でそっと包み込むように持ちます。

この持ち方は…
・左手の人差し指全体と右手全体でデジカメを支えているので、
右手人差し指は、そっとシャッターを押すだけで、ブレにくい
・脇が締まるので腕が動きにくい
・指が写り込むことがない
のです。


最近はほとんどのデジカメに手ブレ補正が付いていますが、
この持ち方で撮影すれば鬼に金棒のはずです。

とくに、ズームを使って望遠にして撮るときや、
三脚を使わないでイルミネーションや夜景、暗い屋内を撮るときなどは、
是非この持ちかたを試してみてください。

この正しい持ち方とともに、
「時間差シャッター」や「建物や木に同化する」
を使えば鬼に金棒×3です。

「時間差シャッター」と「建物や木に同化する」
については、日を改めて詳しく説明します。

posted by 光楽うつる at 19:03| プチテク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

あなたが手ブレ補正

最近のデジカメには

手ブレ補正

という、ありがたい機能がついてます。

 (ひとえに手ブレ補正といっても、その中には
 (レンズシフト式、CCDシフト式、電子式
 (の3種類があり、それぞれ効き目が違います
 (それぞれについての詳しい説明は別途UPします

でもコレ、絶対に手ブレしないっていう機能じゃなくて、
あくまで「軽減」。

機械が手ブレを頑張って打ち消そうとします!
っていう機能であって、
必ずしもブレがゼロになるわけではないんですね。

ですから、夕方とか薄暗いレストランの中といった暗いところになると、
頑張りが足りず、ブレてしまうことがあります。


そんな時には、

あなたが手ぶれ補正になってください!


つまり・・・自分の手ブレは自分で抑制しましょう!


ただ、手ブレといっても、手自体がブレる訳ではないんです

どこがブレるのかというと、指と体全体がブレるのです。

もちろん、力みすぎたり、緊張しすぎたり、
寒すぎたり、お年を召されたりしれば手もブレますが。


このブレを防ぐ簡単な方法が3つあります。


1正しい持ち方

     →指ブレ・体ブレ両方を防ぐ

2時間差シャッター

     →指ブレを防ぐ

3建物や木に同化する

     →体ブレを防ぐ

この3つを同時にすれば、かなりの効果があるはずです。

それでも、うまくいかないときは…

4数打ちゃ当たる

     最終手段ですが、連射モード等があればそれも利用し、
     何枚か撮ってみてください。
     撮った後は、デジカメの液晶画面で拡大して、
     ブレていないかチェックしてください。
     意外と効果的です。

13に関しては後日詳しくUPします。
posted by 光楽うつる at 03:19| プチテク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。