2009年02月27日

富士フイルム FinePix F200EXR

富士フイルムから発売になったデジカメの新製品「FinePix F200EXR」。

これは前モデル「FinePix F100fd」の後継機で、
見た目もほとんど同じではありますが、
富士フィルムのデジカメの集大成とも言えるデジカメです。

その一番の特徴は昨夏に発表された撮像素子
「スーパーCCDハニカムEXR」
を搭載していることです。

この「スーパーCCDハニカムEXR」は、
カラーフィルターの画素を斜め方向に配置する
C.I.C(Close Incline Coupling)を採用するCCDセンサーです。

この特殊な配置によって、
同じ色の画素が隣接するため、画素混合時の偽色を軽減でき、
さらに、異なる感度を隣接する画素に割り当てて撮影したデータを組み合わせることにより、
ダイナミックレンジの広い画像を作ることも可能になりました。

この「スーパーCCDハニカムEXR」により、
・高解像度
・高感度低ノイズ
・ワイドダイナミックレンジ
これら3つの描写性能を実現が実現可能になりました。


EXRオートというモードを選ぶと、
通常(輝度差が少なく、十分に明るい場合)には「高解像度優先」になり、
1200万画素をフルに使った高精細な写真が撮れます。

輝度差が激しい場合には「ダイナミックレンジ優先」になり、
画素混合により600万画素にはなりますが、
ダイナミックレンジが800%にまで拡張されます。

光が十分でない、暗いところで撮影する場合には
「高感度・低ノイズ優先」になり、
画素混合により600万画素にはなりますが、
高感度でも能図の少ない写真が撮れます。

一般的な用途では600万画素あれば十分ですから、
このデジカメは非常に魅力的です。
posted by 光楽うつる at 15:55| 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

オススメ・デジカメ その2(富士フィルム、キヤノン編)

最近のコンパクトデジカメは、
特に売れ筋の商品には、ほとんどのメーカーは
・手ブレ補正
・広角28mm
・高感度
・顔認識
・暗部補正
といった流行の機能を漏らさずつけてきて、
一昔前のように各社の製品の違いが分かりにくくなってきました。

そんな中でも、買って後悔のないデジカメを選べるように、

今回は、流行の機能を押さえつつも、使いやすく、
とがったところのある、選ぶ意味のあるデジカメを紹介して行きます。

注)
・手ブレ補正
・広角28mm
・高感度
・顔認識
・暗部補正
については、特に触れていない限り、搭載しています。


3富士フィルム FinePix F100fd(ファインピクス)

○従来比400%のワイドダイナミックレンジ
→ダイナミックレンジとは、明るい部分から暗い部分までの撮影できる範囲のこと。明るい部分の白とびを防ぎ、青空のなめらかな階調や、人物ポートレートなど、様々なシーンで目で見たままに撮影できます。シーンの明暗差に合わせて最適なダイナミックレンジをカメラが自動設定するので簡単です。

○iフラッシュが発光量を最適化
→人物の顔の明るさに合わせて、最適なフラッシュ発光量と感度を自動調整します。

○5倍ズーム

×→シーン認識機能なし

他にはないワイドダイナミックレンジなので、
風景や、逆光時でも見た目に近い写真が撮れます。


4富士フィルム FinePix F60fd(ファインピクス)

○シーンぴったりナビ
→カメラが人物やシーンの状況を素早く正確に判断し、ピント・明るさをはじめ、感度や絞り・シャッタースピードまでを最適になるよう自動設定します。

○iフラッシュが発光量を最適化
→人物の顔の明るさに合わせて、最適なフラッシュ発光量と感度を自動調整します。

△35mmからのレンズなので、あまり広角でない

△3倍ズーム

自動シーン認識に加え、iフラッシュもついていて、
誰でも夜でも室内でも簡単にキレイに撮影できます。


5canon IXY DIGITAL 920 IS(キヤノン イクシ)

×シーン自動認識機能が付いていない

△サーボAF
→動いている人物の顔にピントを合わせ続けるが、顔以外には使えないのが残念。

・4倍ズーム

人気カメラメーカーなので、機能面でもうちょっと頑張って欲しい気もする…。
posted by 光楽うつる at 13:25| 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オススメ・デジカメ その1(パナソニック、ニコン編)

最近のコンパクトデジカメは、
特に売れ筋の商品には、ほとんどのメーカーは
・手ブレ補正
・広角28mm
・高感度
・顔認識
・暗部補正
といった流行の機能を漏らさずつけてきて、
一昔前のように各社の製品の違いが分かりにくくなってきました。

そんな中でも、買って後悔のないデジカメを選べるように、

今回は、流行の機能を押さえつつも、使いやすく、
とがったところのある、選ぶ意味のあるデジカメを紹介して行きます。

注)
・手ブレ補正
・広角28mm
・高感度
・顔認識
・暗部補正
については、特に触れていない限り、搭載しています。


1Panasonic Lumix DMC-FX37(パナソニック ルミックス)

○おまかせiAモード
→顔認識はもちろん、顔&夜景や風景、マクロなど、よく撮る5つのシーンをカメラが瞬時に認識し、自動的に最適な設定にするため、かんたんにキレイな写真が撮れます。

○超広角25mmレンズ
→狭い室内や広大な風景でも、非常に広い範囲を写せる

○追っかけフォーカス
→被写体が止まっている時にロックしておけば、被写体が動いてもそのまま追い続け、ピントと明るさを最適設定に。あとは撮りたい瞬間を待つだけ。決定的瞬間も、あわてず撮影できます。

○5倍ズーム

今一番機能が充実しており、
なおかつ自動シーン認識もついていて誰でも簡単に撮影できます。


2Nikon COOLPIX S610(ニコン クールピクス)

○おまかせシーンモード
→撮りたいものにカメラを向けるだけで、カメラが撮影状況を判別して、6つのシーンモードから最適なシーンモードを自動的に設定します。すばやく簡単にイメージどおりのきれいな写真を撮影できます。

○ターゲット追尾モード
→優れた被写体追尾機能により、動く被写体を自動的に追いかけるので、シャッターボタンを押すだけで一瞬の表情や動きを シャープに撮影できます。

○BSS(ベストショットセレクター)
→シャッターボタンを押し続けている間、最大10コマまでの連続撮影を行い、その中からカメラが最もブレが少なく鮮明に撮れていると判断した1コマを自動的に記録。手ブレしやすいマクロ撮影時や暗い場所などでシャッタースピードが遅くなるような場合に、威力を発揮します。

○笑顔撮影モード
→カメラが人の顔を認識してピントを合わせ、笑顔になった瞬間に自動撮影。とびきりの笑顔の瞬間を逃しません。

・D-ライティング
→画像再生時には、逆光やフラッシュ撮影時の光量不足で暗く写った部分だけを明るく補正できる。補正した画像は元画像とは別に保存するので、安心して操作できます。
他社の暗部補正とは違い。撮影時ではなく再生時に補正する。

・4倍ズーム

自動シーン認識もついていて誰でも簡単に撮影できます。
暗部補正をしたい場合は再生時にできます。
posted by 光楽うつる at 13:17| 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

リコー R10

リコー R10

http://www.ricoh.co.jp/dc/r/r10/

・1台で広角から望遠からマクロまで済ませたい人

・簡単に写真を楽しみたい人

・ちょっと渋いデザインが好きな人

にオススメです。


マニュアル撮影(絞りやシャッター速度を自分で決める撮影)こそできませんが、
写真撮影の楽しさを贅沢に詰め込んだ楽しい、かつ便利なデジカメです。


[R10の魅力]


1コンパクトボディに28〜200mmの光学7.1倍ズーム

 これだけコンパクトなボディーで28〜200mmをこなせるので、
 風景や狭い屋内での撮影から、あまり遠くなければ運動会まで、
 これ1台で済ませることも可能です。
 軽量装備で登山をしたい人にももってこいです。


2広角端(32mm相当)では1cmまで、望遠端では25cm寄れるマクロ機能

 広角端(電源を入れた状態)で近くでもピントの合うカメラは他にも少しありますが、
 200mmの望遠にズームしたときに25cmまで近づいてもピントの合うカメラは他にはないかと思います。
 これを「望遠マクロ」というのですが、通常の「広角マクロ」と比べると、
 ・カメラや撮影者の影が写りにくい
 ・遠近感が自然
 ・背景がよくボケる
 といった利点があり、当然撮れる写真も全く変わってきます。


3アスペクト比(画像縦横比)1:1モード

 一般的な写真が長方形なのに対して、正方形の写真が撮れます。
 ただそれだけといえば、そうなのですが、
 「縦」「横」の概念がなくなるだけで写真の世界が変わります。
 後でパソコンで正方形に切り抜いても一緒にも思えますが、
 撮影の段階から正方形の世界にいることに面白さがあります。
 また、ブログにUPするのに正方形の方が見栄えがします。


4ステップズーム

 ステップズームに設定すれば焦点距離を
 28mm,35mm,50mm,85mm,105mm,135mm, 200mmの7段階に固定できます。
 写真をやっている人には単焦点レンズ(ズームの付いていないレンズ)
 を交換して使う様に、焦点距離を意識して撮影を楽しめます。


5マイセッティングモード

 焦点距離(どれくらいズームするのか)
 画質設定(カラーかモノクロか等)
 などのお気に入り設定の組み合わせを2つまで登録して、
 本体右上のダイアルを回すだけで簡単に呼び出せます。
 これにより、1台のカメラで2台3台分の気分で楽しめます。


他にも

 ・高精細2.7型46万画素液晶モニター
 ・撮影後編集機能

など、他のデジカメとは「違う」魅力たっぷりのカメラです。


コンパクトデジカメで多彩な写真を楽しみたい方にピッタリだと思います。
posted by 光楽うつる at 18:22| 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。